LED照明は省エネだけど全てがエコじゃない

省エネ家電の代表格として不動の地位を獲得しているのがLEDライトです。確かに白熱電球に比べれば同じ明るさならば、約1/5の電気使用量になりますが、蛍光灯と比べると実はそれほど大きく電気使用量が減ることはないのです。もちろん、わずかな差でも日本中の灯りをLEDに変えれば、かなりの省エネになることは間違いはありません。
ただ、個人的な話になると、例えば電気スタンドを新しく購入しようとすると、LED電気スタンドの価格が蛍光灯型の電気スタンドに比べて2倍から3倍するため、購入をためらってしまいます。しかも、LED電気スタンドの中で細長いタイプのスタンドを買おうとすると、電球が取り替えられないタイプが多く存在します。これらはLEDランプが切れた場合は、修理扱いで再び使うことができるようになるらしいですが、費用と時間を考えると新しく購入した方が効率的なのだそうです。LEDランプの寿命が長いのでそれでも良いのかもしれませんが、もう少し工夫はできないのだろうかと思わざる得ません。
LED照明は確かに電気の使用量を減らす意味では省エネでありエコであるといえますが、全てがエコにつながるわけではないのが現状なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です