太陽光発電搭載の省エネ住宅のメリット

最近は屋根にソーラーパネルを搭載した省エネ住宅が増え、個人家庭レベルでの効果的な省エネが不可能ではなくなりました。工業用太陽光発電システムに比べると規模は小さいですが、エコと節約の観点から見ると、家庭でも充分な効果が得られると思います。
太陽光発電システムを搭載した省エネ住宅の場合、発電システムを使って作られた電力を家庭内で使用することが出来ます。日中は降り注ぐ日光の量も多く、ソーラーパネルによって作られる電力も増えます。それを日中の家庭内の消費電力に充てることが出来、その分電力会社から購入する電力量を抑えることが可能なのです。
また、家庭内で消費しきれなかった電力は電力会社に買い取って貰うことが出来ます。電力会社に余剰電力を買い取って貰うと、その電力量に応じて買取金額が電力会社から支払われます。つまり、家庭内で節電を頑張れば頑張るほど、余剰電力による売電収入が増えるというわけです。
太陽光発電システムは、電力会社に頼らない発電システムとして地球環境に優しい設備です。更に、太陽光発電による売電収入を増やす為に節電に励むようになる為、ますます地球環境と家計に優しい生活が実現できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です