エアコンは省エネ表示にしています

昔の家は断熱効果があまりなく、冬の寒い時期でも暖房を消すと、すぐに部屋が寒くなってしまいました。
しかし、最近の家は断熱効果が高いので、その分冬でも家の中が暖かく感じます。

ですが、その分通気性が悪いので、換気を良くしないとすぐにカビが生えてしまいます。
家の造りの面だけで考えても、今の家の方が省エネになっていると思います。

また、夏や冬のエアコンの使用にも省エネ機能を活かしています。
私はなるべく省エネが表示される温度設定にしています。

夏よりも冬のエアコンの電気量はかなり高くなってしまいます。
ファンヒーターだけに頼っていると、灯油代がかなりかかってしまいます。

いすれにしても、冬は暖房費がかなりかかってしまうのが悩みです。
それを防ぐためにも、保温効果の高い服装にしたり、使い捨てカイロを利用しています。

例年だと、冬になると部屋にコタツを出していました。
コタツは暖房器具の中でも、もっとも電気量がかかりません。
しかし、眠くなってしまうのが難点で、今年の冬はどうしようか思案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です