それでもオール電化住宅は省エネ?

わが家は省エネ目的と、そして光熱費削減目的もあってオール電化住宅にしました。その当時は東日本大震災の前であり、原発が稼働していた時代です。ですから夜間電力がガクンと低料金だったのですよね。そのこともあって、深夜電力をフル活用だーとばかりに、オール電化にしたわけです。

正直に言いますと、ガスコンロのキッチンや灯油ストーブへの夢は捨てきれずにいましたので、オール電化住宅には抵抗があったのですが、しかし「ランニングコストの安さ」が魅力で結局オール電化住宅にしたのです。

それからまあいろいろとありまして、現在は電気代が私がマイホームを建てた当時よりも値上がりをしているわけです。ですから「昔は良かったけど、今電気代高いでしょー。オール電化住宅だと大変じゃない?」なんて妬みもあって聞いてくる人もいるのですが、しかしやっぱりガスや灯油に比べますと、やはり電気代ですべてまかなう方が光熱費は抑えられているのですよね。ですからやっぱり今でも、オール電化住宅は省エネでありエコであると思うわけです。配線を工夫していますので、少ない電気量で家の電化製品を回せていますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です