省エネの意味はあるのか?と聞かれたときの考え方

海外に出て、日本はつくづく国を挙げて省エネ意識が高いと気付かされた経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。実行しているかどうかはともかく、たいていの人は「省エネのためにすべきことは何か」と問われてもいくつか挙げられると思います。省エネに関しては一般的な情報・知識としても広く知られているといえるでしょう。ところが同時に「一人で省エネを心がけたところで、どれほどの意味があるのか?」という質問もよくあるのではないでしょうか。実際、自分が節水・節電に努めたところで地球を救えるとは思えないし、せめて目に見えて料金が安くなるかといえばそれもありません。意味があるのかという質問がもっともだと思われるゆえんです。けれども、「資源は大切に使うべきだ」という意識があるかないかというのは人々の意識下で行動に影響するものです。節水が大切だといわれてきた人は水を無駄にすることに後ろめたさを覚えることでしょう。さらにいうと、自分の省エネ活動にどれくらいの効果があるのかと考えるのはそもそもナンセンスでもあります。効果のあるなしが問題なのではなく、自分の価値観や姿勢の問題だからです。

PR:工務店向け集客ノウハウ , 生命保険の口コミ.COM , 生命保険の選び方 , クレジットカードの即日発行じゃけん , お家の見直ししま専科 , 健康マニアによる無病ライフ ,女性向けエステ.com , マッサージのリアル口コミ.com , 住宅リフォーム総合情報 , 英語上達の秘訣